2018年度開始

本年度2018年度も始まって一か月が過ぎました。昨年よりも講義数が増えたためか、4月は結構大変でしたが、GWのおかげで少し回復基調に入りつつあります。たまっていた仕事もさばけてありがたいお休みです。

本年の講義ですが、適度に履修してほしいところに来てくれたといいますか、例年募集に頭を悩ませている科目の学生の集まりがよく、例年以上にやりがいのある状況になっています。とくに、まちづくりゼミと題した「人文社会学ゼミ/教養ゼミ」の学生の集まりがよく、今年は例年以上に面白いことができるのではないかと期待しています。初級ドイツ語もコミュニカティブにしていまして、アクティブに学んでもらっています。リカレント教育の受講者もとても多く、私の担当科目の合計で20人以上も参加者がいます。世代がばらけるのもよいところです。

もちろん研究も頑張っておりまして、同時並行で単著、論文、翻訳書、共著などをこなしています。たくさんやるべきことがあるというのは、喜ばしいことなのでしょうね。ただし、今年はは西洋史学会は見送らざるを得ないようです。学会や研究会にも積極的に参加したいのですが、なかなか思うように調整がつかないのが残念なところです。ひとまず、体調を崩さずコツコツとやっていくことにします。
スポンサーサイト

続きを読む

第38回読書会(2018年4月14日(土曜)10:30-12:00 )

次回読書会は2018年4月14日(土曜)10:30-12:00 に行います。

参加費は無料です。ご自分の好きな本(複数可能)をお持ちください。難しい本から漫画やラノベのようなやさしいものまでなんでも可能です。2-3分で好きな本の紹介をしていただいて、一巡したあとフリートークをします。座席数が限られていますので、参加希望の方は北坂戸にぎわいサロン受付(北坂戸駅西口:東京電機大学)までお申し込みください。

※飛び入り参加、見学も可能です。雰囲気をつかんでください。
※参加者は毎回10⁻15名ほど、常連さんも多く、年齢も20代(大学生)から80代まで、男性女性の比率も半々です。

北坂戸にぎわいサロン 坂戸市溝端町1-4-106 電話番号 049-299-8082 月、水、金、土 10:00-18:00

世界史研究会総会(2018年)



世界史研究会総会の時期になってまいりました。
2018年3月10日土曜に世界史研究会合評会・総会を行います。
大変ご多忙の折とは存じますが、ご都合がつくようでしたらお誘いあわせの上どうぞご参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

世界史研究会合評会・総会(2018年3月10日土曜14-18時)

会場:早稲田大学早稲田キャンパス16号館301号室

1.世界史研究論叢第7号合評会

『世界史研究論叢』第7号、世界史研究会、2017年10月発行

〈論 考〉
近世イタリア君主国の行政機構による軍隊の管理・統制について
――イタリア戦争末期のフェッラーラ砲兵隊『戦争器材に対する支出簿』の分析から――白幡俊輔 (1)
三王国戦争期王党派ニュースブックにおける「ネーション」と「イングランド人」
――リーア・グリーンフェルドの見解を巡って――小島 望(23)
反革命戦争期の英国における財政請願運動の階層・地域的拡大 板倉孝信(45)

〈研究ノート〉日蓮在世時における布教地域の変遷と教団の形成――宗門説と宗門外の学説で真説に迫る――尾﨑綱賀(66)

<翻訳>『国家盛衰原因論』(1588年)――献辞と第一巻――G・ボテーロ、石黒盛久訳(81)

<エッセイ>木崎良平著『「ルーシ」という語の意味に関する歴史的一考察』を読む――立正大学西洋史研究会創立40周年記念――石塚正英(97)
<資料復刻>『《中等教員・高等教員》文檢 西洋史((系統的))研究法』大同館蔵版 酒井三郎(102)

<書評>安松みゆき『ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術――歴史から消された展覧会――』清水雅大(106)

〈彙 報〉(109)


2.報告・論説の解説(各20分程度)
白幡俊輔氏、小島望氏、板倉孝信氏、尾崎綱賀氏、石塚正英氏
3.総会(世界史研究会第8号準備状況、理事・事務局改編について、会計・予算)

※総会ののち懇親会を予定しております。居酒屋「金の鈴」、会費3000円程度を予定。

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13006174/dtlmap/

第37回読書会(2018年3月2日(金曜)10:30-12:00 )


次回読書会は表題のとおり、 第37回読書会(2018年3月2日(金曜)10:30-12:00 )に行います。

参加費は無料です。ご自分の好きな本(複数可能)をお持ちください。難しい本から漫画やラノベのようなやさしいものまでなんでも可能です。2-3分で好きな本の紹介をしていただいて、一巡したあとフリートークをします。座席数が限られていますので、参加希望の方は北坂戸にぎわいサロン受付(北坂戸駅西口:東京電機大学)までお申し込みください。

※飛び入り参加、見学も可能です。雰囲気をつかんでください。
※参加者は毎回10⁻15名ほど、常連さんも多く、年齢も20代(大学生)から80代まで、男性女性の比率も半々です。

北坂戸にぎわいサロン 坂戸市溝端町1-4-106 電話番号 049-299-8082 月、水、金、土 10:00-18:00