• ドイツに関心をもっていると、日本との共通性と相違がはっきり見えてくるように思います。これはもちろんアメリカやイギリス、フランス、そのほかの国々に関心を持っている人にも言えると思いますが、日本の日常生活で当たり前のものと思われていることが、かなり特殊であることに気が付きます。たとえば、日本の大体の街には24時間営業のお店があり、自動販売機が数えきれないほど町のなかにあり、安全・便利ではあるけれど、そう... 続きを読む
  • 映画「僕とカミンスキーの旅」を見てきました。「グッバイ、レーニン!」の監督と主演のダニエル・ブリュールのコンビによる作品ということで、期待を裏切らない出来でした。原作の... 続きを読む
  • インターネットが普及してから、手紙よりもEメールがよく使われるようになりました。メールの書き方についての本は、英語ではたくさんありますが、その他の言語ではまだまだ少ないのが現状です。本書は値段も手頃で、実用的につくられていますね。... 続きを読む
  • 東京ドイツ文化センターでいろいろと面白そうなイベントがあるようです。興味のある方は是非。以下、転載します。●ゲームの技能と文化…ゲームの夕べ2013年6月26日(水) 19:00東京ドイツ文化センター図書館 ドイツ語 参加無料 03-3584-3203 machida@tokyo.goethe.org adpic日本では、ゲームというとコンピュタゲームやゲームセンターのゲーム機のようなものをすぐに思い浮かべますが、ドイツでは、子供の時に遊んだカードゲーム... 続きを読む
  • 今年もドイツ語検定の案内がやってきました。東京電機大学の千住校舎は、秋のドイツ語検定の試験会場となっています。学内の学生さんでドイツ語検定の受講に関心がある方がいましたら、共通教育群庶務室に受験要項がありますので、どうぞお持ちください。この前には、あるOBがドイツ語検定試験を受けて、見事合格した(何級かはヒミツ)との報をもらいました。ほかにも、TOEIC、英検、フランス語検定、中国語検定などの受験要項も... 続きを読む

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事