オルタナティブとしてのドイツ

ドイツに関心をもっていると、日本との共通性と相違がはっきり見えてくるように思います。これはもちろんアメリカやイギリス、フランス、そのほかの国々に関心を持っている人にも言えると思いますが、日本の日常生活で当たり前のものと思われていることが、かなり特殊であることに気が付きます。たとえば、日本の大体の街には24時間営業のお店があり、自動販売機が数えきれないほど町のなかにあり、安全・便利ではあるけれど、そうした店舗を維持するためのアルバイト・パートという労働形態しか地域には残っていない社会が本当に望ましいのかといえば、そうとは言えないでしょう。こうした社会の在り方は必ずしも日本のものではなく、アメリカに影響を受けたものでもありますが、こうした社会の問題点は特にドイツとの対比のなかでははっきりと見えてきます。

大衆社会批判の主張が19世紀以来強く存在しているのが、ヨーロッパですし、とくにドイツなわけで、ドイツ人の生活スタイルには、時折はっきりと消費主義への抵抗が垣間見られるように思います。かつては日本にも強く存在していた、古いものへの憧憬、ヨーロッパにおいて広くみられるシンプルな合理性などは、日本のドイツ研究者においても着目されてきました。『清貧の思想』で知られた独文学者、中野孝次はマックス・フリッシュの『ホモ・ファーベル(邦題:アテネに死す)』の訳者でしたが、本書も近代的=技術的=機械的なお工作人(ホモ・ファーベル)に対して、人間性の不確定性を描き出したヒューマニストでした。おそらく彼ののちの創作活動ともこの翻訳はかかわっていたのではないでしょうか。

とてもおもしろいのは、最近ミニマリストとかシンプルライフといった考え方のなかに、消費主義の反動としてこの『清貧の思想』に近い考え方が出てきていることです。これらのほとんどには思想性がなく、あくまでライフスタイルのスタイルのみの提案に限定されていることは特徴的ですが、これを一種の消費主義への対抗運動の一つとしてみなすのか、一時的な流行なのかにはかなり関心があります。

ところで、ドイツには日本と同じようにグローバルに強烈に対応していく文化もあります。国際的なドイツ企業は多いですし、日本と比較してもドイツのグローバル化対応は全く引けを取りません。それどころか、ヨーロッパ連合内の主導的な地位を維持しつつ、経済発展著しい中国とも友好的な関係をたもち、加えてアメリカにも積極的な結びつきを維持してきたドイツは、こと経済において強力な日本のライバルです。ドイツ国内の思想的背景のなかで、この消費主義やグローバル化への反抗が表面化していくのは、これも特殊ドイツ的な流れではなく、国際的な流れの中に共通していえることなのかもしれません。いずれにせよ、ドイツではグローバル化への対応を積極的に行う一方で、こうしたアングロサクソンからやってきた価値観に対する批判的な目が社会のなかで強く存在しているのは面白いことです。
スポンサーサイト

僕とカミンスキーの旅

映画「僕とカミンスキーの旅」を見てきました。

「グッバイ、レーニン!」の監督と主演のダニエル・ブリュールのコンビによる作品ということで、期待を裏切らない出来でした。原作のダニエル・ケールマン、瀬川裕司訳『僕とカミンスキー』三修社はすでに読んでいましたが、映画は原作を忠実に映画化した作品で、小説の世界を非常にうまく映像化している印象を受けました。「グッバイ、レーニン!」でもそうでしたが、1970-80年代の雰囲気や芸術作品につながるイメージを非常に鮮やかに描き出していますね。まだいくつかの映画館で上映されていますし、おそらくDVDでも発売されると思いますので、関心のある向きはぜひご覧ください。

川越スカラ座

Eメールのドイツ語



インターネットが普及してから、手紙よりもEメールがよく使われるようになりました。メールの書き方についての本は、英語ではたくさんありますが、その他の言語ではまだまだ少ないのが現状です。本書は値段も手頃で、実用的につくられていますね。

東京ドイツ文化センターでの催しもの(2013年夏)

東京ドイツ文化センターでいろいろと面白そうなイベントがあるようです。
興味のある方は是非。
以下、転載します。

ゲームの技能と文化…ゲームの夕べ
2013年6月26日(水) 19:00
東京ドイツ文化センター図書館 ドイツ語 参加無料 03-3584-3203 machida@tokyo.goethe.org adpic

日本では、ゲームというとコンピュタゲームやゲームセンターのゲーム機のようなものをすぐに思い浮かべますが、ドイツでは、子供の時に遊んだカードゲームやボードゲームを思い浮かべます。このようなゲームがソーシャルゲームです。ドイツでは子供ばかりではなく、大人もこのようなゲームをし、一晩を楽しく過ごします。

新たに企画した月に一度のゲームの夕べでは、ドイツのさまざまなソーシャルゲームを紹介し、楽しく遊びながらドイツ語の能力を高めたり、ドイツについての知識を深めたりする機会を提供します。
次回6月26日のゲームは、ドイツ語の語彙を増やし、正確に書く練習ができる「言葉遊び」。例えば、言葉ラリー。この遊びでは、まず言葉のはじめのアルファベットが与えられます。参加者は特定の時間内にこのアルファベットで始まる出来るだけ多くの言葉を挙げます。一番多くの言葉を挙げた参加者が勝ちとなります。

ドイツ映画特集2013
上映会
2013年7月3日(水)-6日(土) ドイツ文化会館ホール ドイツ語・日本語字募付き
参加費 600円(1上映) 1,000円(2回券) 全席自由席・入れ替え制・全作品日本語字幕付き
03-3584-3201 info@tokyo.goethe.org (C) Beta CinemaConstantin Film, Photographer Mathias Bothor
もっとも新しいドイツ映画の動向をお伝えする機会として、今年は7月に「ドイツ映画特集」を開催いたします。上映されます5本の新作は、ドイツ国内外の国際映画祭で話題となった作品で、ドイツ映画界の傾向を反映するラインアップになっています。

オープニング・フィルムである『週末』は60~80年代の〈反乱とテロの時代〉を題材とする、ニーナ・グロッセ監督の意欲作です。ゼバスティアン・コッホ、カーチャ・リーマン、バルバラ・アウアー、ズィルヴェスター・グロートといったスター俳優の重厚な演技も楽しみです。今回の「ドイツ映画特集」にはニーナ・グロッセ監督をお迎えし、上映後に登壇いただきます。

ベルリンに暮らすアウトサイダー同士の恋から生まれる悲喜劇『幸運』と、無気力な若者の24時間の都市漂流を描く『OH BOY』はいずれも大都市ベルリンを舞台に繰り広げられます。ドリス・デリエ監督の『幸運』は、すでに邦訳されているフェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラー短編集『犯罪』(翻訳:酒寄進一)の一遍を映画化したもので、『OH BOY』はドイツ国内外でさまざまな賞を独占するかのような勢いが注目されました。

オスカー・レーラー監督の3世代にわたるファミリー・ストーリー『生きる源』は、名優陣ユルゲン・フォーゲル、モーリッツ・ブライプトロイ、メレット・ベッカー等の演技が大いに楽しみです。『失われた者たち』は趣を変え、インターネットとケータイの時代における子供たちの〈反乱〉を描いた不思議な魅力を放つ作品です。今回日本で初上映されますこれらの作品を、ぜひこの機会にお楽しみください。

2013年7月3日(水)
16:30「失われた者たち」19:00「週末」

2013年7月4日(木)
16:30 「失われた者たち」19:00 「OH BOY」

2013年7月5日(金)
16:30 「週末」19:00 「幸運」

2013年7月6日(土)
13:00 「幸運」15:30 「OH BOY」18:00 「生きる源」

例年、ドイツ文化センターではドイツ映画特集を行っているようなのですが、残念ながら毎年忙しくほとんど見に行くことができていません。でも、ここで上映される映画は日本のほかの映画館では上映されることがまれな作品も多く、一度見逃してしまうと二度とみられないものも多いんですよね。わたし自身も足を延ばしたいところですが、結構スケジュール的には厳しいかな。ドイツ語を受講している学生諸君には、紹介してみようと思います。

ドイツ語検定

今年もドイツ語検定の案内がやってきました。
東京電機大学の千住校舎は、秋のドイツ語検定の試験会場となっています。
学内の学生さんでドイツ語検定の受講に関心がある方がいましたら、
共通教育群庶務室に受験要項がありますので、どうぞお持ちください。
この前には、あるOBがドイツ語検定試験を受けて、見事合格した(何級かはヒミツ)との報をもらいました。


ほかにも、TOEIC、英検、フランス語検定中国語検定などの受験要項もあります。
我こそは語学の資格を受験したいという学内学生は、お気軽にどうぞ。