スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eメールのドイツ語



インターネットが普及してから、手紙よりもEメールがよく使われるようになりました。メールの書き方についての本は、英語ではたくさんありますが、その他の言語ではまだまだ少ないのが現状です。本書は値段も手頃で、実用的につくられていますね。
スポンサーサイト

東京ドイツ文化センターでの催しもの(2013年夏)

東京ドイツ文化センターでいろいろと面白そうなイベントがあるようです。
興味のある方は是非。
以下、転載します。

ゲームの技能と文化…ゲームの夕べ
2013年6月26日(水) 19:00
東京ドイツ文化センター図書館 ドイツ語 参加無料 03-3584-3203 machida@tokyo.goethe.org adpic

日本では、ゲームというとコンピュタゲームやゲームセンターのゲーム機のようなものをすぐに思い浮かべますが、ドイツでは、子供の時に遊んだカードゲームやボードゲームを思い浮かべます。このようなゲームがソーシャルゲームです。ドイツでは子供ばかりではなく、大人もこのようなゲームをし、一晩を楽しく過ごします。

新たに企画した月に一度のゲームの夕べでは、ドイツのさまざまなソーシャルゲームを紹介し、楽しく遊びながらドイツ語の能力を高めたり、ドイツについての知識を深めたりする機会を提供します。
次回6月26日のゲームは、ドイツ語の語彙を増やし、正確に書く練習ができる「言葉遊び」。例えば、言葉ラリー。この遊びでは、まず言葉のはじめのアルファベットが与えられます。参加者は特定の時間内にこのアルファベットで始まる出来るだけ多くの言葉を挙げます。一番多くの言葉を挙げた参加者が勝ちとなります。

ドイツ映画特集2013
上映会
2013年7月3日(水)-6日(土) ドイツ文化会館ホール ドイツ語・日本語字募付き
参加費 600円(1上映) 1,000円(2回券) 全席自由席・入れ替え制・全作品日本語字幕付き
03-3584-3201 info@tokyo.goethe.org (C) Beta CinemaConstantin Film, Photographer Mathias Bothor
もっとも新しいドイツ映画の動向をお伝えする機会として、今年は7月に「ドイツ映画特集」を開催いたします。上映されます5本の新作は、ドイツ国内外の国際映画祭で話題となった作品で、ドイツ映画界の傾向を反映するラインアップになっています。

オープニング・フィルムである『週末』は60~80年代の〈反乱とテロの時代〉を題材とする、ニーナ・グロッセ監督の意欲作です。ゼバスティアン・コッホ、カーチャ・リーマン、バルバラ・アウアー、ズィルヴェスター・グロートといったスター俳優の重厚な演技も楽しみです。今回の「ドイツ映画特集」にはニーナ・グロッセ監督をお迎えし、上映後に登壇いただきます。

ベルリンに暮らすアウトサイダー同士の恋から生まれる悲喜劇『幸運』と、無気力な若者の24時間の都市漂流を描く『OH BOY』はいずれも大都市ベルリンを舞台に繰り広げられます。ドリス・デリエ監督の『幸運』は、すでに邦訳されているフェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラー短編集『犯罪』(翻訳:酒寄進一)の一遍を映画化したもので、『OH BOY』はドイツ国内外でさまざまな賞を独占するかのような勢いが注目されました。

オスカー・レーラー監督の3世代にわたるファミリー・ストーリー『生きる源』は、名優陣ユルゲン・フォーゲル、モーリッツ・ブライプトロイ、メレット・ベッカー等の演技が大いに楽しみです。『失われた者たち』は趣を変え、インターネットとケータイの時代における子供たちの〈反乱〉を描いた不思議な魅力を放つ作品です。今回日本で初上映されますこれらの作品を、ぜひこの機会にお楽しみください。

2013年7月3日(水)
16:30「失われた者たち」19:00「週末」

2013年7月4日(木)
16:30 「失われた者たち」19:00 「OH BOY」

2013年7月5日(金)
16:30 「週末」19:00 「幸運」

2013年7月6日(土)
13:00 「幸運」15:30 「OH BOY」18:00 「生きる源」

例年、ドイツ文化センターではドイツ映画特集を行っているようなのですが、残念ながら毎年忙しくほとんど見に行くことができていません。でも、ここで上映される映画は日本のほかの映画館では上映されることがまれな作品も多く、一度見逃してしまうと二度とみられないものも多いんですよね。わたし自身も足を延ばしたいところですが、結構スケジュール的には厳しいかな。ドイツ語を受講している学生諸君には、紹介してみようと思います。

ドイツ語検定

今年もドイツ語検定の案内がやってきました。
東京電機大学の千住校舎は、秋のドイツ語検定の試験会場となっています。
学内の学生さんでドイツ語検定の受講に関心がある方がいましたら、
共通教育群庶務室に受験要項がありますので、どうぞお持ちください。
この前には、あるOBがドイツ語検定試験を受けて、見事合格した(何級かはヒミツ)との報をもらいました。


ほかにも、TOEIC、英検、フランス語検定中国語検定などの受験要項もあります。
我こそは語学の資格を受験したいという学内学生は、お気軽にどうぞ。

ドイツ語の電子辞書

私が学生の頃は、辞書といったら紙がメインで、どこに行くにも分厚い鞄に分厚い独和辞典(しかも小学館『独和大辞典』縮刷版だった)を入れて持ち歩いていたもんです。語学の取っていた人は多かれ少なかれ、同じような経験をお持ちなのではないでしょうか。この『独和大辞典』というやつは、15万語の語彙数を誇っており、難しい文章を読むには必要不可欠であったものですが、これが今から10年たたないくらい前に電子辞書に含まれるようになったんですね。とはいえ、なかなか値段が高かったものですから、入手するまでは時間を要したものでしたが。

私がようやくこの小学館『独和大辞典』がプリインストールされているカシオの電子辞書XD-GF7150を入手したのも、この機種がモデルチェンジして、特価で買えたからです。他にもDudenやら、Oxfrod duden German Dictionaryやら、クラウンやら、新コンサイス和独辞典が入っているので便利ではあります。今のところ、これが壊れるまで買い換えるつもりは無いのですが、最新型のモデルだと、コーパスを使った『アクセス独和辞典』も入っているようで、これはこれで魅力的です。カシオXD-D7100(ドイツ語専用タイプ)

ただ、パソコン用のソフトウェアとかスマートフォンで使用可能なアプリで、ドイツ語の辞書ソフトが提供されるといいのですが、こちらはいまのところ『クラウン独和辞典』(三省堂Web dictionaryならすべてのスマフォ、PCで使用可)と『アクセス独和辞典』(iPhoneのみ)だけのようです。Dudenとか、『独和大辞典』のように語彙数が多いものが提供されるといいとは思いますが、難しいのでしょうか。データになっていれば、後はソフトウェア化して売るだけだと思うんですけどね。

来年度(2012年)のドイツ語入門の教科書

来年のドイツ語入門の教科書について検討中です。

高橋泰雄・城間宏朋著『ハンサムドイツ(Mein Deutsch, Mein Wunsch)』朝日出版社、2012年。
そして、上記の教科書については前期で使い切ることにし、

ハンサムドイツ  Mein Deutsch Mein Wunsch

後期のドイツ語入門IIの教科書はまだ決めていませんが、有力候補はこれです。でもまだ流動的。

Andreas Raab, 石井寿子著『時事ドイツ語2012年度版(Neugikeiten aus Deutschland 2010/11)』朝日出版社、2012年。

時事ドイツ語2012年度版  Neuigkeiten aus Deutschland 2010/11

後期のテキストは初級にしては難しいので、変更するかもしれませんが、とりあえず読み物を考えています。

来年も、本年同様一般に広くドイツ語講座を開いていきたいと考えています。
お近くにお住まいの方で関心のある方は是非ご参加ください。

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。