クラウゼヴィッツに関する新しい本

本ブログのタイトルは「歴史、戦争、クラウゼヴィッツ」なのに、最近はその話をブログであまりしなくなり、看板に偽り状態が続いていますので、たまにはクラウゼヴィッツの話をしたいと思います。

今年2017年はクラウゼヴィッツに関する書籍として面白いものがいくつか出ています。くわえて、これからも関連書籍が出るようです。まずあげられるのが、ベアトリス・ホイザー、奥山・中谷訳『クラウゼヴィッツの「正しい読み方」』芙蓉書房、2017年でしょう。クラウゼヴィッツ解釈に主眼をおいた文献としては、かなり定評のある文献です。私としてはドイツ語圏のクラウゼヴィッツ研究を英語圏にかなり紹介しているようにも読め、英語圏のクラウゼヴィッツに大きく寄与したものとしても興味深いです。本書の邦訳は非常に喜ばしいです。

私も関わっている翻訳本、トーマス・キューネ、ベンヤミン・ツィーマン編著、中島浩貴・今井宏昌・柳原伸洋・伊藤智央・小堤盾・大井知範・新谷卓・齋藤正樹・斉藤恵太・鈴木健雄訳『軍事史とは何か』原書房、2017年も、実はクラウゼヴィッツと切っても切れない関係性にあります。歴史学、軍事史的解釈理解のなかでクラウゼヴィッツの占める重要性は相変わらずで、本書には各所でクラウゼヴィッツに関する言及があります。政治学、歴史学、社会科学の問題関心とクラウゼヴィッツの位置づけを確認できる文献です。

くわえて、本年はクラウゼヴィッツに比する戦略家とも評されるジョミニの戦略論に関する翻訳が出版されるようです。いままで日本で流通していた翻訳書であるジョミニ、佐藤徳太郎訳『戦略概論』中央公論新社は英語からの重訳で、しかもかなり原本をダイジェストにしたものにすぎないようです。フランス語からの新しい翻訳でジョミニがどのように戦略について考え、論じていたのかという問題を検討するには、この翻訳は大きな意味があるものとなるでしょう。本年の10月21日土曜に予定されているクラウゼヴィッツ学会・シンポジウムではそのあたりの話が聞くことができそうです。
スポンサーサイト

クラウゼヴィッツ学会(2017年2月度研究会)

今月は若手研究者による報告会を行います。フランスとドイツという二つの国家の軍備政策を扱った研究になります。
若手を刺激するためにもぜひお集まりください。

クラウゼヴィッツ学会(2017年2月度研究会)のお知らせ

2017年2月22日(水)18:30~20:30
場所:日本学士会館3階310号室

最寄駅:地下鉄神保町駅下車3分(東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線)
千代田区神田錦町3-2-28 TEL:03‐3292‐5936

講師:奥村広太 氏 (早稲田大学文学部研究科修士課程)
テーマ:「フランス1889年徴兵制制定とその議論」
----------
講師:鬼川良一 氏 (中央大学大学院修士課程修了)
テーマ:「『二つの軍国主義』再考」

参加費 会員 1,500円 非会員 2,000円 

クラウゼヴィッツ学会(2017年1月度研究会)

クラウゼヴィッツ学会(2017年1月度研究会)のお知らせ

1)2017年1月25日(水)18:30~20:30

2)場所:日本学士会館3階310号室

最寄駅:地下鉄神保町駅下車3分 (東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線) 千代田区神田錦町3-2-28 TEL:03‐3292‐5936

3)講師:中島 浩貴 氏 (東京電機大学助教)

4)テーマ:「クラウゼヴィッツと歴史」

 「クラウゼヴィッツ『戦争論』では、歴史の役割が非常に重視されていたことはよく知られています。今回の報告では『戦争論』およびその他の著作の中のクラウゼヴィッツの歴史記述を検討し、彼が戦争や戦略といった問題をどのようにとらえようとしていたのかを見ていこうと思います。」

5)参加費 会員 1,500円 非会員 2,000円 

2017年1月度月例研究会の予告

次回2月は中島理事の推薦で奥村広太(早稲田大学大学院修士課程)、鬼川良一(中央大学大学院修士課程修了)のお2人に報告してもらいます。報告時間は各30分程度であとは質疑応答となります。皆さま方の温かいサポートの下で新進の研究者を見守っていきましょう。テーマは来月のお知らせで連絡致します。

2016年日本クラウゼヴィッツ学会シンポジウム

■2016年日本クラウゼヴィッツ学会シンポジウムのお知らせ■

恒例の学会シンポジウムを開催致します。
今年は10月15日(土)文京シビックセンター(文京区役所)26階スカイホールで行います。
時間は、18時10分開場、21時20分終了です。プログラムの詳細は下記をご参照ください。
会場は文京シビックセンター内の高速エレベーターを利用して26階で降りてください。
都心の夜景が綺麗です。
※下の25階はレストラン椿山荘ですのでお間違えのなきようお願い致します。

当日のプログラムは下記の通りです。

当日のプログラムは下記の通りです。

1 共通テーマ:「ナポレオン戦争と『戦争論』」
2 日時:2016年10月15日(土)18時20分~21時15分(開場18時10分)
3 場所:文京シビックセンター26階 スカイホール 電話:03-5803-1100
4 参加費:1500円(当日受付にて支払い)
5 参加申込み:下記の日本クラウゼヴィッツ学会事務局までご連絡ください。
  kozuka.euro@nifty.com
6 当日のプログラム
開場  18時10分
開演  18時20分  

▼基調報告 18時20分~19時0分
・山口 昇 (国際大学教授・日本クラウゼヴィッツ学会会長)
▼講演    19時00分~20時00分
・竹村厚士  (武蔵野大学教養教育リサーチセンター客員研究員)
・タイトル(予定) 「長い18世紀とナポレオン戦争」
・主な業績:(共訳) D・チャンドラー『ナポレオン戦争』全五巻、信山社、2003~4年ほか著書多数。

<休憩(10分)>
●パネル討論 20時10分~20時55分
「変革の時代とクラウゼヴィッツ」
・モデレーター 奥山 真司 (青山学院大学講師)
・パネラー   中島 浩貴 (東京電機大学助教)
・パネラー   西田 陽一 (自衛隊幹部学校講師)
●フロア―との質疑応答 20時55分~21時15分
<21時20分 終了>
以上

クラウゼヴィッツ学会総会(2016年4月20日)

昨日は年に一度のクラウゼヴィッツ学会総会に参加してきました。
例年、会長の基調講演があるのですが、今年は体調を崩されたとのことで、私が急きょ代役を務めまして、
「フランス革命戦争、ナポレオン戦争とクラウゼヴィッツ」と題して報告しました。ここ10年ほどの日本の歴史学会におけるフランス革命戦争、ナポレオン戦争像の変遷について、先行研究に沿いながら状況を報告し、クラウゼヴィッツによる同時代認識との関連性について言及しました。
また、今年度より『クラウゼヴィッツ学会会報』も、長らく担当されていた方が手を引かれるのに伴い、私が引き継ぎを希望しました。今後、会内で方向性について議論しながら、今まで以上に良い雑誌を作っていけるように努力したいと考えています。