• 本年度2018年度も始まって一か月が過ぎました。昨年よりも講義数が増えたためか、4月は結構大変でしたが、GWのおかげで少し回復基調に入りつつあります。たまっていた仕事もさばけてありがたいお休みです。本年の講義ですが、適度に履修してほしいところに来てくれたといいますか、例年募集に頭を悩ませている科目の学生の集まりがよく、例年以上にやりがいのある状況になっています。とくに、まちづくりゼミと題した「人文社会学... 続きを読む
  • 今の職場で仕事をするようになり、早くも数年が経ちました。今いる職場の部局は共通教育群というところで、理工系の専門の研究と並行して、人文社会科学や外国語、教育学、スポーツを学ぶ教養部にあたります。その意味では、共通教育群の同僚の教員は自分とは専門を異にしており、研究のアプローチの違いは時折戸惑いを覚えることもありますが、その一方で自分自身の専門としている分野の専門性の強さと弱さの両方を感じ取れるとい... 続きを読む
  • 2016年度後期教養ゼミナールでは、学生の発案による以下のイベントを行います。参加をご希望の方は中島までどうぞお尋ねください。よろしくお願いいたします。●大学生とさんぽ企画1:電大平和散歩大学生と平和について考えてみませんか。散歩気分で展示物を見て、過去の歴史や、地元のことについてお話ししてみませんか・コース:平和資料館内部の見学および近隣の散策場所:平和資料館(東松山市)日時:2016年12月10日(土)、1... 続きを読む
  • 研究など職務の合間に書棚を整理しました。これで、書籍もだいぶ探しやすくなったかと思います。先日、学生諸君にレポートを書いてもらうために蔵書をまとめて貸し出したのが、整理整頓のきっかけになりました。今年の前期は講義と学会報告、会議、その他もろもろで手いっぱいでしたので、夏休み以降は気合を入れてやるべき仕事をこなしていきたいと思っています。... 続きを読む
  • 第一セミナー室は、ゼミナールなどで活用される部屋です。共通教育群の先生たちが寄贈したさまざまな分野の文献がおかれており、開いているときは自由に本を読むことができるようになっています。... 続きを読む

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事