ドイツ語勉強会

授業の後に学生を集めて勉強会を行なっています。
自発的な勉強会ですので、単位にはなりませんが、週に二回じっくりとドイツ語を学んでいます。
今年の参加者は初心者が中心なので、今のところドイツ語の発音や音になれることを優先していますが、
そのうち長文を読んだり、作文をしたりと、多角的なドイツ語学習を行なっていく予定です。

それと、ドイツ語の参加者の中にロシア語に関心がある学生がいるようなので、
こちらも勉強会を行なっています。
なんだかんだ行っても第二外国語は一定の需要があるものですね。
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード