大学夏季閉鎖中

昨日から日本中のほとんどの大学は夏季閉鎖で、研究室も図書館も閉鎖です。
北海道に帰郷することも考えましたが、
今の時期航空券をとると5-7万円になるので、今回は断念しました。

ということで、近場(早稲田・新宿)の書店・古書市めぐりをしてきました。
それほど珍しい本を購入してきたわけではありませんが、
大学院生時代お金がなくて買いそびれた本、図書館で読んだ本なども含めて買い揃えました。古本なので安かったですね。
古本屋の店主が言っていましたが、今は市が休みなので、あまり店の在庫には動きがないそうです。

仕事がたまっているので、この時期に徹底して片付けないといけないのですけど、なかなかはかどりません。
今ぐらいしかまとめて仕事をする時期はないのですが・・・。

クラウゼヴィッツ「戦争論」入門 新版クラウゼヴィッツ「戦争論」入門 新版
(2010/06)
井門 満明

商品詳細を見る


帰依する世紀末―ドイツ近代の原理主義者群像 (MINERVA歴史叢書クロニカ)帰依する世紀末―ドイツ近代の原理主義者群像 (MINERVA歴史叢書クロニカ)
(2004/04)
竹中 亨

商品詳細を見る


20世紀日本の歴史学20世紀日本の歴史学
(2003/03)
永原 慶二

商品詳細を見る


八月の砲声八月の砲声
(1986/08)
バーバラ・W. タックマン

商品詳細を見る


近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)
(2010/06/09)
福井 憲彦

商品詳細を見る


ニッポン若者論 よさこい、キャバクラ、地元志向 (ちくま文庫)ニッポン若者論 よさこい、キャバクラ、地元志向 (ちくま文庫)
(2010/04/07)
三浦 展

商品詳細を見る


アジアの海の大英帝国―19世紀海洋支配の構図 (講談社学術文庫)アジアの海の大英帝国―19世紀海洋支配の構図 (講談社学術文庫)
(2004/03)
横井 勝彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード