飯田洋介『ビスマルクと大英帝国』

ビスマルク外交に関してはその重要性にもかかわらず、
ここ何十年も新しい研究が出版されたことはありませんでしたが、
飯田洋介氏がついにビスマルク外交と大英帝国との関係性について論じた研究、
『ビスマルクと大英帝国』を出版しました。
非常に緻密な史料の分析を前提とした研究で、外交史研究として不朽の作品になると思います。
出版を聞き、大学の購買と図書館に注文しました。
図書館にはすでに届きましたが、残念ながら購買にはまだ到着していないようです。
個別の論文はすでに読んでいますが、単一の著書としてまとまった形で読むことができるのは大いに楽しみです。

ビスマルクと大英帝国―伝統的外交手法の可能性と限界ビスマルクと大英帝国―伝統的外交手法の可能性と限界
(2010/08/27)
飯田 洋介

商品詳細を見る


スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード