スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度前期リカレント教育

2012年度前期も埼玉県のリカレント教育事業に参加します。
今年は去年と同様に、歴史学A、欧米文化研究、ドイツ語入門I、教養ゼミA、日本語リテラシー(半半期)を開講します。

・歴史学Aでは、近代の戦争と歴史の問題について扱います。
・欧米文化研究では、近代の文化の問題を識字率、社会変動、歴史の観点から多角的に見ていきます。
・ドイツ語入門Iは、ABCから基礎的な文法を学びます。ドイツに関心を持つためのパーティなども予定しております。
・教養ゼミAは、歴史学ないし軍事史に関連する文献を輪読していこうと考えています。
・日本語リテラシーは、小論文作成の授業、文章を通じて表現力を工夫します。

さらに加えて、「ことばと社会」も開講します。
こちらの講義は輪講形式ですから、それぞれ専門の違う教員が「ことばと社会」について講義する予定です。

今期は昨年以上にさらに開講講義も増えております。
免疫学、量子力学、物理学といった理系科目のほかに、哲学、法学、現代社会と法、アジア文化研究、現代青年の心理と論理といった多様な科目が受講できるようになりました。

特に、第二外国語は大幅に充実させまして、ドイツ語、フランス語、中国語が今回は複数受講可能となっております。
今期も、ドイツ語の授業を三つ開放しています。
ドイツ語入門I(中島、河野)、初級ドイツ語I、基礎ドイツ語I(長谷川先生)とそれぞれドイツ語が学べます。
入門としてのドイツ語をたくさん受講できるようにしています。興味のある方はぜひ受講ください。
フランス語、中国語も勉強できますので、この機会にどうぞ。


■大学によるリカレント教育(開放授業講座)について

県内や近隣の大学と協力して、県内在住の高齢者や団塊世代の方々に、授業科目の一部を受講できるように開放します。受講者の方々の生活の充実や社会参加のきっかけづくりとしていただくことを目指しています。


大学によるリカレント教育(開放授業講座)について

東京電機大学
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。