近場のショッピングモールにて

先日、雪が降る中、家にいてもなにもはかどらず、近くのショッピングモール、ピオニウォークに外出しました。天気が悪いせいか、お客さんもいつもの祝日に比べると少ない様子。休日は通りを埋めつくすくらい子どもがいますが、今日は子どもはほどほど、全体的な客足も平日よりは多いですが、それなりといったところのようです。

さて、ここピオニウォークには、スターバックスが入っており、コーヒーがそれなりに楽しめます。いつもは高坂駅前のカフェをよく使うのですが、今年から月曜日は定休日。スターバックスは、どこもあまり変わりませんが、ゆっくり気分転換するには悪くはありません。勉強している学生が何人か来ているようで、こちらも書き物、調べものをするには、上々といったところでしょうか。家にいるよりだいぶいい気分転換になります。

さて、このピオニウォークには、ショッピングモールなりに、たくさんの店舗が入っており、その中には当然本屋も含まれます。本屋はLibroが入っており、ピオニウォークの開店当初は近隣に大きな書店がないので、品ぞろえも含めてかなり期待していました。しかし、今現在、品ぞろえはお世辞にもいいとはいえない状況です。私が欲しい岩波系、中公系は全滅で、歴史書にはまともな学術書は皆無、歴史書のコーナーにあるのは・・・。まともな本が欲しければ、川越(かなり妥協して)か、池袋にでる必要があります。何かきちんとしたものを購入しようとすると、Amazonをはじめとするネット販売か、取り寄せで購入することになるのかもしれません。今から考えてみると、高田馬場は良書を入手しやすかったと思いますね。

しかし、まともな本が手に入らない状況はおそらく日本全国の郊外においては共通なんでしょうね。まことに悲しいことながら。
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード