第七回「本で話そう。読書で話そう。」および次回第八回予定

2015年3月14日(土)に読書会「本で話そう。読書で話そう。」を行いました。
次回第8回読書会は、2015年4月11日(土曜)10:30-12:00となります。
参加費は無料で、初めての方は聴講も可能です。ご自分の好きな本(複数可能)をお持ちください。
2-3分で好きな本の紹介をしていただいて、一巡したあとフリートークをします。
座席数が限られていますので、参加希望の方は、北坂戸にぎわいサロン受付(北坂戸駅西口:東京電機大学)までお申し込みください。

北坂戸にぎわいサロン
坂戸市溝端町1-4-106
電話番号 049-299-8082 
月、水、金、土 10:00-18:00

◎紹介された本

萩原魚雷『活字と自活』本の雑誌社
ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール、工藤妙子訳『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』阪急コミュニケーションズ
武内つなよし『少年ジェット』小学館
河合克敏『とめはね!鈴里高校書道部』小学館
日本公認会計士協会編、古谷 三敏『BARレモンハート 会計と監査』日経BP社
結城浩、日坂水柯『数学ガール』KADOKAWA
尾上龍太郎『モッちゃん』ガイドワークス
岩崎武雄『哲学のすすめ』『正しく考えるために』講談現代新書
佐藤忠男『映画をどう見るか』講談社現代新書
朝日新聞記事「103歳私の証・あるがまま行く 思い出が織り込まれた庭の紅梅(日野原重明)」
エディトリアル・デパートメント編『Spectator』幻冬舎
百田尚樹『海賊とよばれた男』講談社
河合祥一郎『100分で名著シェークスピア「ハムレット」』NHK出版
姜尚中『100分で名著夏目漱石「こころ」』NHK出版
井上靖『あすなろ物語』『敦煌』『氷壁』新潮文庫
五木寛之『下山の思想』幻冬舎新書
スポンサーサイト