スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県リカレント教育(2016年度春季、3月4日金曜日締め切り)

今年も埼玉県のリカレント教育の募集の時期がやってきました。
2016年度は、東京電機大学は公開科目数が41単位となりましたが、
私の開講科目では、歴史学A、欧米文化研究、ドイツ語、ことばと社会を開放します。

今年の個人的なおすすめは、初級ドイツ語と教養ゼミナールです。
初級ドイツ語は『時事ドイツ語2016』を読み進めていく予定ですが、このテキストは非常に読みやすく、記事もなかなか興味深いものが選ばれています。参加者は例年10名ほどで電大生から定年リタイア組まで参加しています。ドイツ語のまったくの初修者から、何年も勉強してきた方までが参加されており、ドイツ語の能力に応じた割り振りをしています。

なお、教養ゼミナールでは、「まちおこし」ゼミと題して、坂戸・東松山周辺でのコミュニティ形成企画をやろうと考えております。
詳細はPDFをご覧ください。
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。