スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウゼヴィッツ学会総会(2016年4月20日)

昨日は年に一度のクラウゼヴィッツ学会総会に参加してきました。
例年、会長の基調講演があるのですが、今年は体調を崩されたとのことで、私が急きょ代役を務めまして、
「フランス革命戦争、ナポレオン戦争とクラウゼヴィッツ」と題して報告しました。ここ10年ほどの日本の歴史学会におけるフランス革命戦争、ナポレオン戦争像の変遷について、先行研究に沿いながら状況を報告し、クラウゼヴィッツによる同時代認識との関連性について言及しました。
また、今年度より『クラウゼヴィッツ学会会報』も、長らく担当されていた方が手を引かれるのに伴い、私が引き継ぎを希望しました。今後、会内で方向性について議論しながら、今まで以上に良い雑誌を作っていけるように努力したいと考えています。
スポンサーサイト

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。