陽炎堂訪問(2010/6/3)

kagerou2.jpg


先日、陽炎堂さんに入ってまいりました。
店舗はたたんで、ネット注文中心の店に転換するというお話も聞いていましたが、
どうやら状況が好転し、しばらくは店舗営業を継続するようです。
先日、わが電大の学生を連れていきましたが、店舗継続のお話を伺うことができました。

さらに、すばらしいことに陽炎堂の近くにもう一軒古本屋ができるとの事。
美術関係の蔵書が多い古書店になるそうですが、大いに期待が持てますね。
今年(2010年)七月に開店になるとの事で、こちらも頻繁に通えるような店になればいいです。

今の大学生には、古書店の本棚を見せることは大切なことだと思っています。
地元の書店に並んでいる本は、学問的な関心とは縁遠い本が多くなり、
学術書どころか、岩波文庫や中公新書すらない書店が増えています。
大手の書店やネット書店で本を探すことができる素養のある人はいいのですが、
その素養を身に付ける場所すら失われているのです。

学生に図書館とは違う知的空間を体験してもらう上でも、
陽炎堂さんのような本格的な古書店が大学の近くにあることは喜ばしい限りです。
今後も積極的に利用していくつもりです。

陽炎堂

古本ツァー・イン・ジャパン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント