珈琲ばか(高坂)

10月からの研究論文集の校正手順の打ち合わせで、「珈琲ばか」に立ち寄る。
待ち合わせ中に、論文を書きつつ、「ルワンダ珈琲」をいただく。
K君とじっくり近況などを話し合う。

珈琲ばか

PH_66[1]

PH_67[1]

「ルワンダ珈琲」
独特の酸味が特徴的で、他の地域の珈琲とは一味もふた味も違いおいしいです。
これを飲むために通っている気がします。

PH_68[1]

店内の状況
9月14日までハワイ文化に関心のある方の絵や彫刻、フェルトのパッチワークなどが展示されていました。
ハワイアンも流れていて、落ち着いた空間を作り出していました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事