原稿など

夏の暑い盛りには全く論文が進まず、つもり重なるのはストレスばかりでしたが、
季節も変わり、ようやく論文を書くいたり、いろいろな作業に適した気温になってきました。
とりあえず、集中して原稿に取り組むことができるようになってきたので、一安心です。
ただし、夏休みのうちに済ませておくはずのものが溜りに溜まっているので、
今週はかなり集中して研究しないといけません。

さて、今日は歴史学とドイツ語入門IIの授業を行いました。
歴史学はともかく、ドイツ語入門のほうは基本的にドイツ語受講者を対象としているので、
ドイツ語を勉強したことがない学生が来るのではないかと内心恐れていましたが、
幸いにしてそんなこともなく無事に授業を進められそうです。
後期から新しく授業を取ってくれた学生諸君も、ほかの先生のドイツ語を取ってくれていたようなので、
一安心です。今期もモチベーション高くドイツ語に取り組んでくれるような授業を心掛けたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事