教養のひろば(第五回)

共通教育群の中島でございます。
教養のひろば第五回の詳細が決定いたしましたので、ご連絡いたします。
今度の5月20日(金)は、共通教育群の前島康男先生による発表となります。
皆様ご多忙とは存じますが、関心がございましたら、
お誘いあわせのうえご参加くださいますようお願いいたします。
教養のひろばの後には懇親会(高坂駅前やる気茶屋にて、19:00~)も予定しております。

教養のひろば
第五回例会のご案内
期日:2011年5月20日(金)16時50分~
場所:本館206号教室
発表者:前島康男(理工学部共通教育群教授)
発表タイトル:「おとなのための絵本の世界」

 絵本は普通子どもあるいは幼児が読むもの、あるいは読み聞かせるものという固定観念があります。確かに、子供・幼児が読むすばらし
い絵本は世界中・日本中に何千冊何万冊と存在します。そして、『子どものための絵本の世界』という本も何百冊も存在します。しかし、
私はおとなも、あるいはおとなにこそもっと絵本を読んでほしいと思っています。それも子供に読み聞かせるためではなく自分自身のため
に。
 それは、当日私が読み聞かせをする絵本を読んでいただければわかってもらえると思うのですが、とにかく当日どのような絵本が登場す
るか楽しみに待っていて下さい。

参考文献:
前島康男『おとなのための絵本の世界』(創風社)
前島康男『大学教育と「絵本の世界」』(創風社)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント