ノマドワーキング

大学に一室いただいたおかげで研究文献、書籍の置き場には今のところ若干の余裕があるわけですが、
こと研究となると素晴らしい研究室でも集中できないことがままあります。
そういうときには、カフェ、喫茶店や、移動中の電車などで仕事をするのも手ですね。
適度な気分転換になります。
校正作業などではこうした移動オフィスの方が集中できるような気がします。
最近こうした仕事法は、ノマドワーキングというそうで静かなブームのようです。関連文献もたくさん出ていますね。
ここに書かれていることは決して新しいことでも、画期的なものでもないですが、
ただ、これらの本に目をやったり、時折眺めること自体がいい気分転換になっています。

「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法
(2010/06/04)
中谷 健一

商品詳細を見る

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
(2009/07/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

15分あれば喫茶店に入りなさい。15分あれば喫茶店に入りなさい。
(2010/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事