ルーデンドルフ『統帥及政略』

珍本を入手。今後の研究において使用する可能性が高いので購入しておきました。
(とりわけ批判的検討においてですが・・・)
こういうものは古本でなければ入手困難ですから、一期一会で早速購入しておきました。
旧軍では海外の研究動向の翻訳、理解が予想以上に早かったんですよね。
海外で出版された、特にドイツ関係の軍事文献の翻訳はかなりペースが速く積極的に行われており、
最新の戦争状況の研究が積極的に行われていました。
とはいえ、翻訳、紹介が早いからこその問題も多々あるんですけどね。

PH_151.jpg
PH_152.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事