2011年度後期リカレント教育

2011年度後期も講義を埼玉県のリカレント教育事業に協力します。
後期の授業では、歴史学B、欧米文化研究、ドイツ語入門II、教養ゼミB、日本語リテラシー(半半期)を開講しました。
前期に授業を開放した結果、向学心にあふれる方々の積極的な受講があり、
電大生もそうした方々の受講に刺激を受けていたことが思い起こされます。

幸いにして後期は開講科目も大幅に増え、統計力学や、日本国憲法、法学なども開講されています。
(法学の講義は今期の2011年後期の他大学のリカレント教育では開放されていないようです。)


東京電機大学リカレント教育時間割


講義の内容は時間割(シラバス)をご覧いただきたいと思いますが、
歴史学、欧米文化研究、教養ゼミは密接に関連している授業で、
かなり幅広く実践的に学べるように工夫しています。

今回、特に学内外の教員に働きかけ、ドイツ語の授業を三つ開放しました。
ドイツ語入門II(中島)、初級ドイツ語II、基礎ドイツ語II(長谷川先生)と、埼玉県の大学ではおそらく例のない、
リカレント教育によるドイツ語科目の複数受講を可能にしています。
これによって、文法、会話、講読の基本的なところを集中して学べるようにしました。
興味のある方はぜひ受講ください。

東京電機大学以外にも、以下の大学がリカレント教育に参加しているようです。

埼玉大学
淑徳大学
聖学院大学
城西大学
浦和大学
埼玉工業大学
十文字学園女子大学
日本工業大学
ものつくり大学
日本社会事業大学
文京学院大学
東京国際大学
尚美学園大学
西武文理大学

■大学によるリカレント教育(開放授業講座)について

県内や近隣の大学と協力して、県内在住の高齢者や団塊世代の方々に、授業科目の一部を受講できるように開放します。受講者の方々の生活の充実や社会参加のきっかけづくりとしていただくことを目指しています。

大学によるリカレント教育


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント