ドイツ語のドリル

ドイツ語の入門を教えているとどうしても問題をたくさんやってほしくなります。
限定された時間内では、どうしてもできる問題は限定されてしまいますし、基本中の基本を伝えることが中心になります。
そこでやはり、問題集やドリルが必要となってくるんですね。
大学の教科書用だと、なかなかいいドリルが見つからないのですが、市販用だと最近でも新しいものが出ていますね。
売店に入れておきましょうか。

ドイツ語のきほんドリルドイツ語のきほんドリル
(2010/07)
泉 博之、泉 ボグミワ 他

商品詳細を見る


基礎徹底マスター!ドイツ語練習ドリル (CDブック)基礎徹底マスター!ドイツ語練習ドリル (CDブック)
(2008/01)
清野 智昭

商品詳細を見る


CD付き 文法から学べるドイツ語ドリルCD付き 文法から学べるドイツ語ドリル
(2007/11/13)
杵渕 博樹/ヘルマン トロール

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事