来年度(2012年)のドイツ語入門の教科書

来年のドイツ語入門の教科書について検討中です。

高橋泰雄・城間宏朋著『ハンサムドイツ(Mein Deutsch, Mein Wunsch)』朝日出版社、2012年。
そして、上記の教科書については前期で使い切ることにし、

ハンサムドイツ  Mein Deutsch Mein Wunsch

後期のドイツ語入門IIの教科書はまだ決めていませんが、有力候補はこれです。でもまだ流動的。

Andreas Raab, 石井寿子著『時事ドイツ語2012年度版(Neugikeiten aus Deutschland 2010/11)』朝日出版社、2012年。

時事ドイツ語2012年度版  Neuigkeiten aus Deutschland 2010/11

後期のテキストは初級にしては難しいので、変更するかもしれませんが、とりあえず読み物を考えています。

来年も、本年同様一般に広くドイツ語講座を開いていきたいと考えています。
お近くにお住まいの方で関心のある方は是非ご参加ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事