つかもと(高坂・蕎麦、うどん)

電大に向かう途中に「つかもと」という、蕎麦、うどんの専門店があります。
入り口は立木で隠れており、そば屋の雰囲気としてはかなりしゃれた店づくりですが、意外にも千円程度で楽しめたりと、値段はお手頃です。お手製の細い麺の蕎麦は生蕎麦特有の風味を生かしていてなかなかにおいしいですね。

ただし、どうやらお客が多いと、毎日準備している量を出してしまうようで、七時代に閉店ということもあるようです。私が先日足を延ばしたときも、電話したのが六時でしたが、すでに蕎麦がなかったようで、その日は我々が最後の客になってしまいました。足を延ばす際には、問い合わせておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事