大学の売店にて購入



大学の購買にて、かなり魅力的な人文社会系の文献が大量に入荷していたので購入しました。
法政大学出版局とせりか書房の本が、まとめて仕入れられていたよう。
こういう文献が近場の本屋で購入できることは実にありがたいし、今後もどんどん仕入れてほしいと思う。
東京の大きな書店で本を購入するのも魅力的だし、アマゾンや日本の古本屋に代表されるようなインターネット書店で本を買うことも面白いけれど、やはり欲しい本が自分の生活空間の近くで入手できるようになっているほうがいい。そういう意味では、できるだけ近場で本を買うように心がけてはいます。

ただし、大手の取次から配本される書店だと、電子化効率化を追求しすぎたせいなのか、普通の街の書店だとベストセラー本、雑誌、漫画、ハウツー本くらいしか配本されず、店頭には置かれなくなってしまっています。これはどうにかならないものでしょうか。田舎にも優れた読書家はいるだろうし、本をたくさん買い、読むお客はいるはずなのに、明らかに小規模な書店はこういう顧客を逃しているように思います。本来、書店の店員がお客の好みを理解して、それに沿って本を仕入れて売ってくれるようなシステムが本筋でしょう。でも、日本の(とくに中小の)新刊書店への配本は必ずしもそうはなっていないようです。この点は本当に残念だと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント