近代という教養



電機大学理工学部の教養系の教員の間では、読書会が開かれています。ここ最近は文学に関する読書会が多かったのですが、それに関するお話の中で紹介された本が、石原千秋『近代という教養』筑摩選書でした。教養の主柱としての文学には、前々から関心があり、購入。最近まとめて本を相当数購入しているので、この本を読むのはもう少しかかりそうですが、なかなかに楽しみなものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント