カーリル

インターネットが普及してから、図書館検索サービスは飛躍的に便利になりました。
私が大学に入学したての頃は、大学の図書館にない図書を探しに行く際には、所蔵が多そうな他大学の図書館とか、国立国会図書館などで目星をつけて本を探したものですが、在学中の段階ですでにNacsis webcatなどのOPACサービスが充実し、ずいぶん便利になりました。この動きは公共図書館などにも波及していますが、最近は公的なOPACサービスをさらに便利に利用する試みがなされているようですね。
先日教えてもらったのが、カーリルです。地元の図書館に欲しい本が所蔵されているかを横断的に調べてくれるので、個別の図書館を活用するよりもかなり便利になってきていますね。スマホでも同様のサービスがある模様で、図書検索サービスはまさに日進月歩ですね。
ただし、図書検索サービスが発達すると、各図書館の蔵書の共有部分が省略されてしまうのではないかという不安がどうしてもあります。見知らぬ優れた文献と書棚で偶然出会うという側面も忘れては欲しくないなあとはよく思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント