第63回 東西老舗大古書市


昨日は四十度近い熱波が到来。外にでただけで熱気に当てられるような暑さでしたが、この暑い中開催中の新宿京王デパート七階の古本市に行ってきました。
新宿で毎年開かれるこの古本市には、できるだけ顔を出すようにしています。今年は、例年よりも出典店舗数が少なく(半分から三分の二程度?)、スペースの半分は別のイベントに利用されていました。ただし、かなり魅力的なでものが多く、量より質という印象を受けました。

ドイツ史、教養、教育、総力戦論などで、かなりいい本が手には入りました。八月十三日まで開催されているようなので、興味のある方は足を延ばされることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事