歴史ドキュメンタリー

長らくほとんどテレビを見ない生活を送っていたものですが、最近、スカイパーフェクTV!なるものを契約しました。

そこで、時折ヒストリーチャンネルなる番組を見ています。名称に反して、ヒストリーではない番組もありますが、一方で古いドキュメンタリー番組の中にはなかなかに面白いものも含まれています。特に戦争ドキュメンタリーは数が多く、面白いものもあります(はずれもかなり多いですが)。

例えば、NHKスペシャルの第二次世界大戦特集(本局ではもはや見ることができないもの)や特にイギリスで制作された七十年代の長編ドキュメンタリーシリーズは、相当に興味深いです。最近制作されたものとしても、ヒュー・ストローン監修の「第一次世界大戦」(全十回)はドキュメンタリーシリーズとしてはかなり見応えがあります。

しかし、地上波ではこうしたドキュメンタリーがほとんど見られなくなっている点は残念ですね。また、再度同じ作品を見ることも困難です。ドキュメンタリーシリーズは時代性が明確にでるので、研究対象としても面白いのですが、一方で一度見逃すと次に見るのが難しい点は、文献資料よりもある種面倒かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事