第二回読書会「本で話そう。読書で話そう。」(2014年10月15日16:30-18:00)

北坂戸にぎわいサロンで、第二回読書会「本で話そう。読書で話そう。」を行ってきました。
参加者は4名でしたが、今回も様々なジャンルの本が紹介され、参加者で活発なやりとりが行われました。
次回は11月の土曜日を予定しています。日程が確定次第、お知らせします。
興味のある方は、ぜひご参加ください。また、詳細は北坂戸にぎわいサロンまでお尋ねいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

◎紹介図書
藤原正彦『遥かなるケンブリッジ』新潮文庫
藤原正彦『若き数学者のアメリカ』新潮文庫

レイモンド・マンゴー、中山容訳『就職しないで生きるには』晶文社
嶋浩一郎『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』祥伝社新書
辻井啓作『なぜ反映している商店街は1%しかないのか』阪急コミュニケーションズ

フレドリック・ブラウン、田中融二訳『天の光はすべて星』ハヤカワ文庫SF
岡本健司『中国「反日」の源流』講談社選書メチエ

星新一『たくさんのタブー』新潮文庫
ジョン・ミンヒ、酒井君二訳『ルーンの子供たち 冬の剣』宙出版

北坂戸にぎわいサロン(東京電機大学)
坂戸市溝端町1-4-106
電話番号 049-299-8082
月、水、金、土 10:00-18:00
スポンサーサイト

コメント

次回は

参加します!
非公開コメント