第六回「本で話そう。読書で話そう。」および次回第七回予定

2015年2月21日(土)に読書会「本で話そう。読書で話そう。」を行いました。
紹介された本は以下にまとめてありますので、ご覧下さい。
次回第7回読書会は、2015年3月14日(土曜)10:30-12:00となります。
参加費は無料です。聴講も可能です。ご自分の好きな本(複数可能)をお持ちください。
2-3分で好きな本の紹介をしていただいて、その後フリートークをします。
座席数の関係上、参加希望の方は、北坂戸にぎわいサロン受付(北坂戸駅西口:東京電機大学)までお申し込みください。

北坂戸にぎわいサロン
坂戸市溝端町1-4-106
電話番号 049-299-8082 
月、水、金、土 10:00-18:00

◎紹介された本
田中芳樹『銀河英雄伝説』徳間書店
三上延『ビブリア古書堂の事件手帳』アスキーメディアワークス
庄子大亮『アトランティス・ミステリー』PHP
トーマス・マン、望月市恵訳『ワイマルのロッテ』岩波書店
向井透史『早稲田古本屋日録』右文書院
三津田富左子『50歳からの満足生活』三笠書房
三津田富左子『50歳からの楽しい楽しい「ひとり時間」』三笠書房
佐藤愛子『晩鐘』文藝春秋
佐藤愛子『血脈』文藝春秋
陳舜臣『諸葛孔明』中央公論新社
陳舜臣『曼陀羅の人――空海求法伝』集英社
角田光代『八日目の蝉』中央公論新社
『生活的知恵』
『朝日新聞』記事「カレー」
『読売新聞』記事「春節」
『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画』KKキネマ旬報社
『映画年鑑1969-1970』時事映画通信社
八住利雄『シナリオ・演出・演技』ダヴィッド社
堀江史郎『ラジオ・ドラマの作り方』宝文館
明治大学体育会山岳部遭難対策委員会編『遭難の実態――山から悲劇をなくそう』教育図書
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事