読書会「本で話そう。読書で話そう。」第14,15、16回予定

第12、13回読書会「本で話そう。読書で話そう。」を行いました。2015年度10月以降は、基本的に第二土曜開催にします。
次回第14回読書会は、2015年10月10日(土曜)10:30-12:00
次々回第15回読書会は、2015年11月14日(土曜)10:30-12:00
その次の第16回読書会は、2015年12月12日(土曜)10:30-12:00 となります。

参加費は無料です。ご自分の好きな本(複数可能)をお持ちください。難しい本から漫画やラノベのようなやさしいものまで、OKです。2-3分で好きな本の紹介をしていただいて、一巡したあとフリートークをします。座席数が限られていますので、参加希望の方は北坂戸にぎわいサロン受付(北坂戸駅西口:東京電機大学)までお申し込みください。

北坂戸にぎわいサロン 坂戸市溝端町1-4-106 電話番号 049-299-8082 月、水、金、土 10:00-18:00

第12回(2015年8月7日読書会で扱われた本)
岡本健太郎『山賊ダイアリー』講談社
マルセル・ライヒ=ラニツキ、西川賢一訳『わがユダヤ、ドイツ、ポーランド』柏書房
鷲田清一「折々のことば」『朝日新聞』(朗読)
林芙美子『巴里の恋―巴里の小遣ひ帳、一九三二年の日記、夫への手紙』中公文庫
川上千春「独占手記 奇跡の生存者 妹・川上慶子と私の三十年」『文芸春秋』2015年8月号
百田尚樹『永遠の0』講談社
今尾恵介『地図の遊び方』けやき出版

第13回(2015年9月12日読書会で扱われた本)
ロバート・ブロック、福島正実訳『サイコ』ハヤカワ文庫
デヴィッド・セルツァー、中田耕治訳『オーメン』河出文庫
岡崎武志『読書の腕前』光文社
石川英輔『江戸時代はエコ時代』講談社
シュレディンガー『生命とは何か』岩波文庫
バタイユ『エロティシズム』ちくま文庫
バタイユ『ドキュマン』河出文庫
小島令子『句集「花筏」上梓』
ジッド『狭き門』新潮文庫
サンテグジュペリ『夜間飛行』光文社
ジッド『田園交響楽』新潮文庫
パトリック・ジュースキント、岩淵達治訳『鳩』同学社
マックス・フリッシュ、中野考次訳『ホモ・ファーベル』白水社
カレン・フェラン、神崎朗子訳『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする。』大和書房
久繁哲之介『コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方』商業界
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント