長谷川貴彦さんの近著『現代歴史学への展望―言語論的転回を超えて』の公開書評会

岡本充弘先生より、研究会のご案内をいただいております。興味深い研究会ですので、是非ともお誘いあわせの上ご参加いただけますようお願いいたします。
以下、転記します。

7月30日〈土)に長谷川貴彦さん、喜安朗さん、小野寺拓也さんを招いて、長谷川貴彦さんの近著『現代歴史学への展望―言語論的転回を超えて』の公開書評会を東洋大学人間科学総合研究所主催で行います。場所は東洋大学白山キャンパス2号館16時階スカイホールで、時間は13時半から17時までです。終了後簡単な懇親会も予定していますので、ご都合がつくようならご参加ください。

https://www.toyo.ac.jp/site/ihs/106234.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

中島浩貴

博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

プロフィール

Author:中島浩貴
博士(学術、早大)、東京電機大学講師(理工学部共通教育群、専任)、専門は歴史学(西洋史、ドイツ近現代史、軍事史)、クラウゼヴィッツ研究です。また「教養」、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも関心があります。最近は、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈で様々な活動を行っています。

本年度(2018年)は、歴史学、欧米文化研究、教養ゼミ、初級ドイツ語、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、日本語リテラシーを担当しています。また、後期は共立女子大学講師(非常勤)も兼任します。

最新記事