歴史知研究会第55回例会

歴史知研究会第55回例会の日程をお知らせいたします。

○とき:2016年12月4日(日)13時~17時
○ところ:公益財団法人租税資料館(中野区)5F会議室

非会員の方のご参加も歓迎です。お誘いあわせの上ご参集ください。研究報告の後には懇親会を予定しておりますので、こちらも気軽にお越しください。

【報告】
1.西貝怜「記憶の再生技術は記憶消去の安全装置になりえるか?――現代日本のポピュラーカルチャー表象から脳神経倫理へ」 13:00-14:10
2.前川陽祐「『ロシア』(1913年・1917年)からみるオットー・ヘッチュのロシア論――ドイツ保守派による親露主義の一例」(仮)14:20-15:30
3.岡本充弘 「下からの歴史の過去と現在」15:40-16:50                     

アクセス
●バス利用
1.JR新宿駅西口バスターミナル 京王バス 17番乗車/宿32系統 佼成会聖堂普門館前行、または宿32系統 永福町行
  上記バスに乗り多田小学校前停留所下車 徒歩1分
2.JR中野駅南口バスターミナル 京王バス 1番乗り場/渋谷駅行、または 新宿駅西口行
  上記バスに乗り南台交差点停留所下車 徒歩6分

●地下鉄利用
東京メトロ丸ノ内線 中野坂上駅経由 方南町駅下車 東出口(後方出口)より徒歩/8分 詳細はHPを参照。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード