クラウゼヴィッツ学会(2017年2月度研究会)

今月は若手研究者による報告会を行います。フランスとドイツという二つの国家の軍備政策を扱った研究になります。
若手を刺激するためにもぜひお集まりください。

クラウゼヴィッツ学会(2017年2月度研究会)のお知らせ

2017年2月22日(水)18:30~20:30
場所:日本学士会館3階310号室

最寄駅:地下鉄神保町駅下車3分(東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線)
千代田区神田錦町3-2-28 TEL:03‐3292‐5936

講師:奥村広太 氏 (早稲田大学文学部研究科修士課程)
テーマ:「フランス1889年徴兵制制定とその議論」
----------
講師:鬼川良一 氏 (中央大学大学院修士課程修了)
テーマ:「『二つの軍国主義』再考」

参加費 会員 1,500円 非会員 2,000円 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

中島浩貴

Author:中島浩貴
専門は歴史学(ドイツ史、軍事史)です。軍事思想家クラウゼヴィッツについても、近代史の枠組みのなかで関心があります。ほかにも、「教養」や、地域研究、地域文化の振興などといった問題にも注目しています。最近は、東京電機大学理工学部の近郊地域、東松山(高坂)、鳩山、坂戸(北坂戸)界隈の話題が多い気がします。

本年度(2016年)は、歴史学A・B、欧米文化研究、教養ゼミナールA・B、初級ドイツ語I・II、ことばと社会、フレッシュマンゼミB、卒業研究を担当しています。また、埼玉工業大学では、「20世紀の歴史」を担当しています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード