まちづくりに関する文献

ここ数年街づくりや商店街活性化に強い関心がでてきたため、できるだけ関連文献を読むようにしています。

「まちづくり」関連の本を手あたり次第、読んでいるところもありますが、的確に問題点を明らかにしている本として感心しているのが久繁哲之介氏の本です。久繁氏の著書(『地域再生の罠』ちくま新書/『商店街再生の罠』ちくま新書/『コミュニティが顧客を連れてくる』商業界/『競わない地方創生 人口急減の真実』時事通信社)のいずれも、まちづくりや商店街再生の問題においてタブー視されているポイントに切り込んでいます。また、ローカルのコミュニティを重視している点も非常に魅力的です。

もちろん学術書ではありませんし、とくに公務員批判などはいささか先鋭に過ぎるような気もしますが、それでも地域社会を再構築するうえでの多くのヒントに満ちています。街づくりに関心がある方には非常におすすめです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント