ドイツ現代史学会第40回大会

こちらもメモしておきます。ぜひ参加したいところですが、日程的に少し厳しいんですよね。悩みます。

ドイツ現代史学会第40回大会
プログラム

2017年9月23日(土)・24日(日) 共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス
会場:2号館 7階
参加費:一般 \1,000 院生 \500  学生 ¥0

9月23日(土) 受付時間:13:30~
基調講演 時 間:14:30~17:00
会 場:2号館7階703講義室
講演者:ウーテ・フレーヴェルト(マックス・プランク教育研究所)
題 目:“The Politics of Humiliation: Shame and Shaming in Modern History”
    (「侮辱の政治―近代史における恥と恥をかかせること」)
    講演は英語で行われます(受付で講演テキストの日本語訳を配布予定)。

総会 時 間:17:00~17:30
会 場:2号館7階706講義室
① 前年度大会決算報告  ②学会規約の承認   ③次回開催校挨拶

懇親会 時 間:17:45~19:45
会 場:本館4階 食堂 立食形式
参加費:一般 ¥3,000  院生・学生 ¥1,000 (報告者・コメンテーター・司会は無料)

9月24日(日) 受付時間:09:00~
自由論題報告:09:30~12:30(各報告40分、質疑応答20分)
会 場:2号館7階704講義室
堅田 智子(上智大学文学部PD) 日露戦争下でのベルリン和独会による義捐活動の実態
進藤 理香子(法政大学) ヴェルサイユ体制下、東プロイセン州長官の権限拡大について
武井 彩佳(学習院女子大学) 東欧の「ホロコースト現場」の現在―新たな研究の展開と社会における意義

昼食 (下記、食事にかんする情報をご参照ください)
時 間:12:30~13:30
場 所:ラウンジ、1~2階コミュニケーション・ギャラリーなど

シンポジウム 感情史の射程―日独事例研究から―
時 間:13:30~17:00(趣旨説明15分、報告35分、コメント各15分、休憩20分、討論60分)
会 場:2号館7階703講義室

森田 直子(立正大学)
司会・趣旨説明
小野寺 拓也(昭和女子大学) ナチ体制と「感情政治」―第二次大戦下のクリスマスを例に―
平山 昇(九州産業大学) 「体験」と「気分」の共同体―20世紀前半の伊勢神宮参拝ツーリズムを事例に―
伊東 剛史(東京外国語大学)(コメント)
藤野 裕子(東京女子大学)(コメント)
長谷川 貴彦(北海道大学)(コメント)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント